土地の境界や登記に関すること 不動産の測量、登記のご相談は三重県四日市市、愛知県名古屋市の富田総合事務所にご相談ください。

  • 四日市店の御案内
  • 名古屋店の御案内
  • 不動産取引業者の方
  • ハウスメーカーの方
  • 料金や費用一覧
  • よくある質問

土地の境界や登記に関すること測量業務

測量業務

当事務所にて作業できる測量業務についてご案内します。

現況測量

土地のおおまかな面積や、高低差など土地の実際のすがたを図面化する測量を現況測量といいます。
建物の建築・外構の工事を計画する場合に詳細な現況図があれば、より具体的な計画がたてられます。
当事務所では、面積の大小を問わず緻密な測量により現況図を作成する、優秀なスタッフがそろっておりますので、ぜひおまかせ下さい。

GPS測量

カーナビやスマートフォンなどで、位置情報を取得する為に人工衛星からの電波を利用しますが、測量の分野でも人口衛星を利用しています。
主な利用法として測量の骨格となる『基準点測量』があります。
公共事業などで大規模な道路や水路を工事する場合はまず『基準点測量』を行い、『世界測地系』の座標系の上で、計画・設計・工事を行う場合がほとんどです。 そう聞くと自分たちにはあまり関係のない世界のお話と思われるかもしれませんが、平成17年の不動産登記法の改正にともない法務局へ申請する地積測量図(実測図)も、この『世界測地系』の座標系で作成する事が原則となりました。

私どもでは、いち早くGPS測量機器を導入し数々の実績を収めてまいりました。広範囲な土地の測量でお困りの方も、ぜひ一度ご相談ください。

真北測量

居宅の建替えや新築のときに、ほとんどの方が方位を気にされると思います。
その場合、方位磁石で北方向を確認しますが、方位磁石は色々な要素により、正確な方位を得る事が出来ません。仮に正確な方位を観測したとしてもそれは磁北とよばれるもで、真北(しんぼく)ではありません。

どうしても真北が必要なときは、GPS測量で得た座標値を基に、簡単に真北を計算できます。当事務所ではGPS機器を保有していますので、お気軽にご相談下さい。

ご利用案内

土地建物の名義を変えたい
建物を建てたとき取壊したとき
土地の境界や登記に関すること
会社の登記をしたい
  • 境界立会とは?
  • 境界標の種類
  • 富田総合事務所 会社概要
  • 採用情報
pagetop